西武、ニールと木村が濃厚接触者と特定 27日に源田が新型コロナ陽性判定

西武のザック・ニール【写真:荒川祐史】
西武のザック・ニール【写真:荒川祐史】

佐野、柘植、金子、愛斗、熊代は濃厚接触者と特定されなかった

 西武は28日、源田壮亮内野手が27日に新型コロナウイルス感染が判明したことを受け、ザック・ニール投手、木村文紀外野手が所管の保健所から濃厚接触者と特定されたと発表した。濃厚接触者の可能性があった佐野泰雄投手、柘植世那捕手、金子侑司外野手、愛斗外野手、熊代聖人外野手、スタッフ1人は濃厚接触者とは特定されなかった。

 ニール、木村ともに無症状で、27日の試合前にPCR検査を受検し、陰性であることが判明している。しかし、濃厚接触者と特定されたことから当面の間、広島市内の宿舎で隔離するという。

 西武はこの日、源田、ニール、木村の他、濃厚接触者の可能性があった5選手の出場選手登録も抹消。阪神戦(メットライフ)に臨んだ。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY