大谷翔平、7回途中3失点の力投に指揮官は合格点 「勝つためのチャンスを与えてくれた」

会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)

試合後の記者会見では逆質問「本当に良かった。そう思わないかい?」

■アスレチックス 3ー1 エンゼルス(日本時間29日・オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地のアスレチックス戦に先発登板し7回途中3安打3失点も打線の援護なく今季初黒星を喫した。力投を見せた右腕にジョー・マドン監督は「我々が勝つためのベストチャンスを与えてくれた。本当に良かった」と賛辞を送った。

 敵地で乱闘騒動、そして大ブーイングを受けながらも冷静沈着なマウンド捌きだった。同点に追いついた7回に2連続四球でピンチを背負いチャップマンに左前適時打を浴び降板となったが、先発としての役割は十分に果たす力投だった。

 大谷に負けが付き、チームも連敗となったがマドン監督は「本当に良かった。そう思わないかい?」と記者たちに向け逆質問。投球内容についても「最後はガス欠だったかどうか分からないが、非常に良い投球をしたと思っている」と納得した表情を見せていた。

 前回登板では球速の低下が懸念されていたが、この日は最速97.9マイル(約157.6キロ)をマークするなど力強い直球が戻った。指揮官も登板までの調整を評価し「私としては問題ないと思っていた。今日も最後のイニングまでは前回よりコントロールは良かった」と、全く不安視することはなかった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY