鷹・柳田悠岐が2試合連続の“変態アーチ” レフトフライかと思いきやそのままスタンドへ…

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

体勢を崩されながら打ち上げた打球が左翼ポール側のスタンドへ

■ソフトバンク ー 巨人(29日・PayPayドーム)

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が、2試合連続の“変態アーチ”を放った。29日に本拠地PayPayドームで行われた巨人戦。2回の第1打席で左翼へと飛球を放つと、打球は飛距離を伸ばして左翼スタンド最前列に飛び込んだ。

 柳田がまた驚愕の一発を放った。2点ビハインドで迎えた2回の第1打席。3ボール1ストライクからの5球目を捉えた。柳田は体勢を崩されて、打球はフラフラと舞い上がった。だが、そのまま飛距離を伸ばすと、左翼ポール際へと飛び込むソロ本塁打に。打った本人でさえも驚く12号ソロで1点差へと詰め寄った。

「打ったのはカットボール。いいスイングが出来たと思います。きれると思ったがそのまま入ってくれて良かったです」

 ファウルかと思われた打球が本塁打となり、柳田自身もこうコメント。さらに、ソフトバンクは続く長谷川にもソロ本塁打が飛び出して一気に同点に。この一発にベンチの柳田も歓喜の大はしゃぎだった。

【動画】切れない打球に左翼ウィーラーもビックリ! 柳田、2試合連続の逆方向へ12号ソロ

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY