「人間じゃない…」 前十字靭帯断裂から1か月で復帰し4発、“奇跡の男”に驚きの声

ミシシッピ大のティム・エルコ【写真:Getty Images】
ミシシッピ大のティム・エルコ【写真:Getty Images】

ミシシッピ大のエルコは4月6日に前十字靭帯を断裂し5月2日に復帰、その後に4本塁打8打点

 前十字靭帯断裂から、わずか1か月あまりで復活のアーチを描いた奇跡の男が米で話題になっている。1988年にドジャースをワールドシリーズ制覇に導く伝説の逆転2ランを放った、カーク・ギブソン氏を彷彿させる活躍ぶりにMLB公式サイトも「ギブソンの真似をした。最高だ」と驚きの声を上げている。

 ミシシッピ大のティム・エルコ内野手は4月5日(日本時間6日)に前十字靭帯を断裂し、なんと5月1日(同2日)にチームに復帰。怪我の程度にもよるが本来なら競技復帰まで約8か月は要すると見られているが、エルコは「DH」で試合に出場した。

 5月26日(同27日)のSECトーナメント・バンダービルト大戦ではチームは4-5で惜しくも敗れたが、6回に右翼席へ3ラン、8回にはソロを放つなど4打数3安打4打点の大活躍。さらに復帰後はここまで4本塁打8打点と神がかった打撃を見せつけているという。

 ミシシッピ大ベースボール公式ツイッターもエルコが放った豪快アーチを動画で公開。奇跡の復活劇にファンも「2021年最高のスポーツストーリー」「この男はレジェンドだ」「この男は人間じゃない」「そんなばかな。ありえない」と驚きの声を上げていた。

【動画】前十字靭帯を断裂し僅か1か月で復帰したエルコが放つ豪快なアーチ

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY