この週末は「パTV」で交流戦全試合が見放題 オリVS燕、ハムVS中日の見所、注目選手は

「パTV」は交流戦期間中もパ・リーグ主催の試合を完全生配信【画像:パーソル パ・リーグTV】
「パTV」は交流戦期間中もパ・リーグ主催の試合を完全生配信【画像:パーソル パ・リーグTV】

オリ中川圭は前回交流戦でルーキーながら首位打者を獲得

 2年ぶりに、リーグの垣根を超えた熱戦が帰ってきた。5月25日に開幕した「日本生命セ・パ交流戦」。2019年は58勝46敗4分でパ・リーグが10年連続の勝ち越しを決めており、今季の行方に注目が集まっている。

「パーソル パ・リーグTV」では、「日本生命セ・パ交流戦」期間中もパ・リーグ主催の試合を完全生配信する。それに伴い5月28日からの3連戦で「無料キャンペーン」を実施。通常は有料プランのユーザーのみとなる機能を無料で使用できる。そこで今回は、魅力的な機能はもちろんのこと、キャンペーン中の見どころや過去の名場面をピックアップし、紹介する。

 京セラドーム大阪では28日からオリックスとヤクルトが激突する。オリックスは2019年の「日本生命セ・パ交流戦」で、当時ルーキーだった中川圭太内野手が躍動。70打数27安打の打率.386で首位打者に輝いた。

 この活躍は「マルチアングルVOD(ビデオオンデマンド)機能」で振り返っていただきたい。6月15日の阪神戦では初回に外角低めの変化球に食らい付き、先制適時打を放っている。喜ぶ中川圭、ルーキーの活躍に歓喜するベンチ、険しい表情の敵陣など、決して中継では見られない球場の臨場感をこの機会に体験していただきたい。

 対するヤクルトでピックアップしたい試合は6月13日の楽天戦。カード2連敗を喫して迎えただけに、連敗ストップへ意地を見せたい試合だった。中盤までは追いかける苦しい展開だったが、8回表に試合をひっくり返すと打線が爆発し大勝した。

 逆転シーンをじっくり味わいたい場合は「イニングVOD機能」がおすすめ。“いつでも、どこでも”どのイニングから視聴可能だ。また、今春からオープンした「パ・リーグ.com」では、1打席ごとからでも視聴可能。出場成績を見ながら動画にアクセスできる、この新たな機能を体験していただきたい。

○オリックス対ヤクルト、無料ライブ配信スケジュール

・5月28日(金)18:00開始
・5月29日(土)14:00開始
・5月30日(日)13:00開始

※5月27日(木)12:00時点での配信スケジュールで、予定変更の場合あり。

「札幌ドームこけら落とし弾」のレジェンドが中日のユニホームで“凱旋”

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY