大谷翔平、登板翌日に14度目マルチ&二盗 指揮官も脱帽「いつも驚かされるよ」

試合後の会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)
試合後の会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)

5打数2安打2打点1盗塁、打率.269

■エンゼルス 4ー0 アスレチックス(日本時間30日・オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地のアスレチックス戦で「2番・指名打者」で先発出場した。5回に左前2点打を放つと、7回には中前打。今季14度目のマルチ安打をマークした。5打数2安打2打点で打率.269。先発登板翌日に活躍した大谷について、ジョー・マドン監督は「いつも驚かされるよ」と目を丸くして称賛した。

 まるで前夜の先発投手とは思えない。登板翌日の大谷が打者として躍動した。1点リードの5回2死二、三塁。剛腕モンタスの内角をえぐる97.1マイル(約156.3キロ)のフォーシームを左前へ。技ありの一打は2点タイムリーとなった。二盗を決めて今季7個目の盗塁をマーク。レンドンの右前適時打で4点目のホームを踏んだ。

 7回1死一塁では元同僚のベドロジアンから打球速度110マイル(約177キロ)の中前打を放った。5試合ぶりの複数安打。登板翌日のマルチ安打は5月6日のレイズ戦以来、今季2度目だ。マドン監督は「(状態は)問題なかった。なんというか、いつも驚かされるよ。昨日100球近く投げて、今日も良い状態だと言っていた。そして見ての通り、あの打撃だ。盗塁も決めたし。一緒に試合をするのは楽しいよ」と脱帽した。

 前日28日(同29日)は投打同時出場せずに投手専念。7回途中5奪三振3安打3失点と力投したものの、今季初黒星を喫した。ナイター登板からデーゲーム出場。“中半日”というハードな日程をこなし、チームの連敗を2で止めた。

(小谷真弥 / Masaya Kotani)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY