ダルビッシュ、今季ワースト5失点で6勝目お預け 因縁アストロズにリベンジならず

敵地でのアストロズ戦に先発登板したパドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
敵地でのアストロズ戦に先発登板したパドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

敵地アストロズ戦で5回4安打5失点

■アストロズ ー パドレス(日本時間30日・ヒューストン)

 パドレスのダルビッシュ有投手は29日(日本時間30日)、敵地のアストロズ戦で先発登板。5回を投げて今季ワースト5失点(自責4)で降板し、今季6勝目はならなかった。防御率2.16。

 4回2死二塁からコレアに先制の右中間2ランを被弾。5回はストローの二塁打と2者連続四死球で1死満塁のピンチを招いた。マコーミックの左犠飛で3点目を許し、ブレグマンには左越え適時二塁打を献上。さらに味方の失策の間に失点した。5回3四球5奪三振、4安打5失点(自責4)だった。1試合5失点は7失点したカブス時代の2019年8月21日のジャイアンツ戦以来2年ぶりだ。

 アストロズはドジャースの一員としてワールドシリーズで対戦した2017年に不正なサイン盗みを行っていた因縁の相手だった。勝ち星で飾ることは出来なかった。

【動画】打者はお手上げ? ダルビッシュの激曲がりフロントドア奪三振映像

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY