阪神高卒2年目・及川がプロ初勝利に笑顔! 「ビックリ」「自分だけの初勝利じゃない」

お立ち台に上がった阪神・及川雅貴【写真:荒川祐史】
お立ち台に上がった阪神・及川雅貴【写真:荒川祐史】

「これからは無失点で抑えられるようにしたい」

■阪神 9ー8 西武(30日・メットライフ)

 阪神の高卒2年目・及川雅貴投手が30日、敵地・西武戦にリリーフ登板し1回2/3、2安打無失点の好投を見せ嬉しいプロ初勝利を挙げた。試合後のヒーローインタビューでは「こういった形でプロ初勝利すると思ってなかったのでビックリしてます」と笑顔を見せた。

 及川の出番は3回。先発の村上が逆転を許し1死二塁の場面でマウンドへ。先頭の呉にタイムリー二塁打を浴び、その後も2死満塁のピンチを背負ったが山田を右飛に抑えピンチを脱出。さらに4回も続投し無死二塁となったが後続を抑え無失点。

 打線は5回に梅野が左翼席へ勝ち越しの2ランを放ち及川に勝利投手の権利が発生。中継ぎ陣が1点を守り切りチームはカード勝ち越しを決めた。

 ウイニングボールを手にヒーローインタビューを受けた左腕は「率直に嬉しい。こういった形でプロ初勝利すると思ってなかったのでビックリしてます」と笑顔。打線が奮起しての勝利に「自分だけの初勝利じゃなく野手の方々が打ってくれての初勝利、嬉しい」と感謝した。

 今後に向けては「中継ぎとして今日は途中から登板して役目を果たすことはできなかったが、これからは無失点で抑えられるようにしたい」と意気込みを口にした。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY