阪神高卒2年目・及川が嬉しいプロ初勝利! リリーフで1回2/3、2安打無失点の力投

西武戦に2番手で登板した阪神・及川雅貴【写真:荒川祐史】
西武戦に2番手で登板した阪神・及川雅貴【写真:荒川祐史】

先発の村上の後を受け2番手で登板、5回に梅野が勝ち越し2ランを放ち勝利投手の権利

■阪神 9ー8 西武(30日・メットライフ)

 阪神の高卒2年目・及川雅貴投手が30日、敵地・西武戦の3回途中からリリーフ登板。1回2/3、2安打無失点の好投を見せ嬉しいプロ初勝利を挙げた。チームは9-8で勝利した。

 先発の村上が3回に逆転を許して1死二塁の場面で降板し、2番手には及川がマウンドへ。先頭の呉にタイムリー二塁打を浴び、その後も2死満塁のピンチを背負ったが山田を右飛に抑える。

 同点に追いついた4回も続投。先頭の川越に左前打を浴び捕逸で無死二塁となったが森を投ゴロ、中村を中飛、栗山を131キロのスライダーで一ゴロに抑え何とか無失点で切り抜けた。すると、打線は5回に2死一塁から梅野が左翼席へ勝ち越しの2ランを放ち、及川に勝利投手の権利が転がり込んだ

 チームは4点リードの7回に岩貞が4安打を集中され1点差に詰め寄られたが、その後は岩崎、スアレスがリードを守りきり勝利。及川は28日の同戦で1軍デビューを果たし、この日がプロ入り2試合目の登板だった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY