巨人戦の連勝が14で止まったソフトバンク 9回の選手起用は“最善策”だったか?

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

必死の継投策を繰り出す巨人と早めに仕掛けたソフトバンクとの接戦

■巨人 4ー3 ソフトバンク(30日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは30日、本拠地・PayPayドームで行われた巨人との交流戦に3-4で競り負けた。巨人を上回る12安打を放ったものの、打線の繋がりに欠けて反撃及ばず。2019年から続いていた巨人戦の連勝は14でストップした。

 両チームの意地がぶつかり合う接戦だった。巨人は必死の継投策でリードを守ろうとし、ソフトバンクも早めの仕掛けで追いつこうとした。結果は惜敗。試合後の工藤公康監督は「ジャイアンツさんも負け続けているわけにはいかないでしょうし、必死にきている。こっちも必死にやっていますけど、勝負なんで勝つ時も負ける時もあります」と淡々としたものだった。

 ソフトバンクは先発の和田が初回に2点の先制点を献上。2回に松田、牧原大の適時打で追いついたが、5回に左腕が岡本に勝ち越しソロを被弾。1点を追う展開で、勝負の後半戦を迎えることになった。

 6回、先頭の甲斐、続く松田の連打、今宮の犠打で1死二、三塁のチャンスを作った。巨人ベンチは2番手の鍵谷から変則左腕の大江にスイッチ。ここで工藤公康監督は牧原大に替えて、“左キラー”の川島を代打で起用した。ここまで牧原大は2安打を放っており好調だったが、左の大江ということでの代打だったが、結果は二飛に倒れた。

6回の牧原大に代打・川島は「あそこで勝負をかけて、どうなるかが大事」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY