「守備範囲の広さ半端ない」鷹今宮、横っ飛び“レーザー送球”に巨人丸もお手上げ

好捕したソフトバンク・今宮健太【画像:パーソル パ・リーグTV】
好捕したソフトバンク・今宮健太【画像:パーソル パ・リーグTV】

7回にセンターへ抜けそうな打球に今宮が超美技を披露

■巨人 4ー3 ソフトバンク(30日・PayPayドーム)

 ソフトバンクの今宮健太内野手が30日、本拠地での巨人戦でスーパープレーを見せつけた。センターへ抜けそうな打球に横っ飛びで好捕し、一塁へ矢のような送球でアウトを奪った超美技にファンも「普通のショートとレベルが違う」「守備範囲の広さ半端ない」と称賛の嵐だ。

 脅威の守備範囲に巨人・丸もお手上げだった。7回無死の先頭で打席に入ると松本が投じた141キロの直球を捉えた。強烈な打球が二遊間に飛んだがそこには名手・今宮の姿があった。

 二塁ベース後方で横っ飛びで好捕すると、すぐさま起き上がり振り向きざまに一塁へ剛速球を披露。懸命に一塁へ走った丸を楽々アウトにする超美技だった。

 この日はドラクエとのコラボレーション試合ということもあり「パーソル パ・リーグTV」は「【スクルトそして】いまみや、こうげきをうけつけない【アタカンタ】」とのタイトルで動画を公開。これにはファンも「普通のショートとレベルが違う」「守備範囲の広さ半端ない」「送球の強さ現役No1」「鉄壁」と賛辞を送っていた。

【動画】横っ飛びで好捕し一塁へレーザー送球! ホークス今宮の超美技

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY