菊池雄星は「もっとうるさく!」 唸り声が快投の印? 指揮官が登板中の“珍要求”

本拠地でのレンジャーズ戦に先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
本拠地でのレンジャーズ戦に先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

7回途中2失点で自身2連勝となる3勝目、6戦連続QSも達成

■マリナーズ 4ー2 レンジャーズ(日本時間31日・シアトル)

 マリナーズの菊池雄星投手は30日(日本時間31日)、先発した本拠地でのレンジャーズ戦で、自身2連勝となる今季3勝目を挙げた。5回まで無安打の内容で、6回2/3を3安打2失点。チームの4連勝に貢献した左腕に対し、スコット・サービス監督はマウンド上で発する“唸り声”にも着目した。

 6試合連続のクオリティスタート(6イニング以上で自責点3以下)と安定感を見せる菊池について、指揮官は「きょうの集中力に関しては、彼の球は今まででも最上級に良かった」と絶賛。さらに報道陣に向け「記者席から聞こえたかどうかは分からないが、彼が唸り声を上げているのがフィールドからは聞こえる。私たちは『うるさい!』という言葉を使っている」と話を振った。

 日本ではネガティブな意味で使われる“うるさい”。スプリングトレーニング中に菊池に聞いて覚えた日本語だといい、サービス監督にとっては快投の目印にもなっているという。「試合中にユウセイに何度も言ってるんだ。『うるさい!』をくれと。『もっとうるさく!』ってね。そうすると、彼は考えるのをやめて、ボールが手から飛び出すんだ。とても刺激的だよ」と嬉しそうに語った。

 菊池はこの日、レンジャーズの先発ヤン・ヒョンジョンとの“アジア人左腕対決”で、3回まで完全投球。4回2死から遊撃クロフォードの悪送球で二塁に走者を背負ったが、後続を遊ゴロに仕留めた。6回先頭のカルフーンに右前に運ばれてこの試合の初安打。7回1死一塁からギャロに右翼越え2ランを被弾し、2死後に四球を出したところで降板が告げられた。打者24人に対して104球を投げ、5奪三振、1四球。最速98.5マイル(約158.5キロ)で、防御率3.88となった。

 ようやく白星にも恵まれるようになり、3勝3敗の五分に。頼りになる左腕に対し、指揮官は「大いなる自信を持ち、タフな打線を乗り越えられることも、修正の加え方も知っている」とも。マウンドから「うるさい!」声が聞こえてくるたび、結果も信頼も積み重なっていく。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY