菊池雄星、6戦連続QSでの3勝目に指揮官「見ていて素晴らしい」 7回途中2失点快投

本拠地でのレンジャーズ戦に先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
本拠地でのレンジャーズ戦に先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

5回までノーヒット投球で自身2連勝、3勝3敗の五分に

■マリナーズ 4ー2 レンジャーズ(日本時間31日・シアトル)

 マリナーズの菊池雄星投手は30日(日本時間31日)、先発した本拠地でのレンジャーズ戦で、自身2連勝となる今季3勝目を挙げた。4回途中までパーフェクトの内容で、6回2/3を3安打2失点。チームの4連勝に貢献した左腕に対し、スコット・サービス監督は試合後「見ていて素晴らしい。これまでで一番安定している」と手放しで称えた。

 レンジャーズの先発ヤン・ヒョンジョンとの“アジア人左腕対決”となったマウンドで、菊池は3回まで完全投球。4回2死から遊撃クロフォードの悪送球で二塁に走者を背負ったが、後続を遊ゴロに仕留めた。6回先頭のカルフーンに右前に運ばれてこの試合の初安打。7回1死一塁からギャロに右翼越え2ランを被弾し、2死後に四球を出したところで降板が告げられた。打者24人に対して104球を投げ、5奪三振、1四球。最速98.5マイル(約158.5キロ)で、防御率3.88となった。

 6試合連続のクオリティスタート(6イニング以上で自責点3以下)の安定感に、指揮官は「堅実で、早い回に1、2点を与えたときでさえそう感じる。彼には武器があり、スタミナも豊富でチームの他の誰よりも多く投げてくれる」と評価。勝敗こそまだ3勝3敗の五分だが、10試合に登板して8度のQS。「きょうも向上し続けていた。とても良いシーズンを送っている」と大きくうなずいた。

 開幕から好投するも白星に恵まれない登板が続いたことには「先発投手はみんな勝ちたいと思っている。先発投手は長い回を投げることにプライドを持っている。援護点がほしいだろうが、それは彼らがコントロールできることではない」との思いも。ようやく結果もついてきた菊池への信頼感は、右肩上がりで増している。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY