菊池雄星、7回途中2失点で3勝目&6戦連続QSを地元紙絶賛「華々しい投球」

本拠地でのレンジャーズ戦に先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
本拠地でのレンジャーズ戦に先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

サービス監督も「見ていて素晴らしい。これまでで一番安定している」

■マリナーズ 4ー2 レンジャーズ(日本時間31日・シアトル)

 マリナーズの菊池雄星投手は30日(日本時間31日)、本拠地でのレンジャーズ戦に先発し6回2/3、3安打2失点の好投で今季3勝目を挙げた。6試合連続クオリティスタート(QS)と安定感抜群の左腕を地元紙も「華々しい投球を披露した」と大絶賛だった。

 菊池は4回途中までパーフェクト投球を魅せるなど危なげない投球で自身2連勝、そしてチームの4連勝に貢献。直球の最速は98.5マイル(約158.5キロ)を記録し、変化球もコーナーに制球するなど「全てのボールに自信を持って投げられている。4つの球種全てで勝負できている」と自画自賛だった。

 地元紙「シアトル・タイムズ」も「ユウセイ・キクチはシアトルのために華々しい投球を披露」と絶賛。6試合連続のQSと安定した投球で3勝3敗の五分に戻し「成績を改善した」と、投げる度に状態を上げる菊池を絶賛していた。

 この日の投球にサービス監督も「見ていて素晴らしい。これまでで一番安定している」と手放しで喜ぶほど。順当にローテを回れば次回登板はエンゼルス戦が予想される。花巻東高の後輩・大谷翔平投手との対戦にも注目が集まりそうだ。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY