佐藤輝も柳田もねじ伏せる西武平良の凄み 26戦無失点も指揮官が抱える“ジレンマ”

西武・平良海馬【写真:荒川祐史】
西武・平良海馬【写真:荒川祐史】

佐藤輝は2打席2三振、柳田は通算8打数1安打

 21歳の最速160キロ右腕、西武・平良海馬投手の快進撃はどこまで続くのだろうか。5月を終え、開幕からの連続無失点記録は、2012年の岡島秀樹(ソフトバンク)に並ぶパ・リーグタイの26試合に達した。チームの命運を握るのはもちろん、今夏の東京五輪での金メダル獲得の期待まで、その右腕にかかる可能性がある。

 平良がまたひとつ凄みを見せつけたのが、5月29日に本拠地・メットライフドームで行われた阪神戦だった。本来の守護神・増田達至投手が15試合で防御率6.75の不振に陥り、5月4日に登録を抹消されて以来2軍調整中。代役のリード・ギャレット投手も28日の同カードでドラフト1位ルーキー・佐藤輝に決勝3ランを浴びるなど5失点と炎上していたことから、1-0で迎えた9回、平良に今季3度目のセーブシチュエーションが託された。

「9回はやっぱり緊張する」と振り返った通り、先頭の大山には1球もストライクが入らず四球。しかも3球目はスライダーがワンバウンドして捕手の森が後逸し、4球目は149キロの速球が大山の頭上を通過してバックネットを直撃する荒れようだった。続くサンズの3球目には代走・植田に二盗を許し、無死二塁の大ピンチを背負った。ところが、辻発彦監督が「ギアが上がった」と評したように、ここから本来の投球を取り戻すのだから、精神力と修正能力も半端ない。

 サンズをカットボールで投ゴロに仕留め、28日に1試合3発を放っていた佐藤輝にも真っ向勝負を挑んだ。内角のカットボール2球でカウント0-2と追い込み、最後はど真ん中の155キロ速球でバットに空を切らせ3球三振。前夜と合わせ、2打席2三振にねじ伏せた。

気になるのは登板過多…すでに今季もチームトップの26試合

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY