阪神・佐藤輝明、キング肉薄の14号ソロ 衝撃の1試合3発以来5試合ぶりアーチ

阪神・佐藤輝明【写真:荒川祐史】
阪神・佐藤輝明【写真:荒川祐史】

2回先頭カーブを右翼スタンドへ

■阪神 ー オリックス(3日・甲子園)

 阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手が3日、本拠地でのオリックス戦で14号ソロを放った。本塁打争いでトップに立つヤクルト・村上、巨人・岡本和に肉薄するアーチとなった。

 2回先頭で迎えた第1打席だった。オリックスの先発・山崎が投じた100キロのカーブをとらえると、打球は右翼スタンドに着弾した。

 佐藤輝にとっては、5月28日の西武戦(メットライフドーム)で衝撃の1試合3発を放って以来、5試合ぶりの本塁打となった。

【動画】カーブに体勢崩されても…力づくでスタンドまで運んだ佐藤輝の14号ソロ

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY