DeNAプロ4年目右腕中川は救世主になるか? 153キロに多彩な変化球は“大化け”の予感

DeNA・中川虎大【写真:荒川祐史】
DeNA・中川虎大【写真:荒川祐史】

名門箕島“最後”のプロ野球選手・中川虎大

■DeNA 1ー1 ソフトバンク(2日・横浜)

 DeNAの手薄な先発ローテに、待望の新星が現れた。育成出身でプロ4年目・21歳の右腕、中川虎大(こお)投手だ。2日に本拠地・横浜スタジアムでのソフトバンク戦に先発し6回4安打1失点の快投。試合は1-1の引き分けに終わり、プロ初勝利こそならなかったが、次回以降に期待を持たせるのに十分な内容だった。セ・リーグ最下位に低迷するチームも、交流戦に限ると4勝2敗2分の好調ぶりで、中日に次ぐ12球団中単独2位の座をキープした。

“大化け”を予感させる投げっぷりだった。150キロ超の速球を軸に、スライダー、フォーク、ナックルカーブまでを駆使。責任回数の5回を投げ終えた時点で許したヒットは、柳田の飛球を左翼・佐野が薄暮の中で見失った1本のみ。その他は2四球無失点に封じていた。

 そして1点リードで迎えた6回、1死一、三塁のピンチで球界随一の強打者・柳田を迎えても、気後れはしない。カウント1-1から真ん中高めの149キロ速球で押し込み遊ゴロ。併殺崩れの間に同点とされ、さらにこの回、柳田の二盗をきっかけに2死満塁と追い込まれたが、ここでも甲斐を153キロのストレートで右飛に仕留めた。

 三浦大輔監督は試合後、「最初から最後まで、思い切って攻めていた。打たれたどうしよう……でなく、抑えてやろうという気持ちが強かった」と目を細め、「本人も手応えを感じているだろうし、大きな物をつかんだと思う。1点取られた後、ガタガタといかずに踏ん張れたことは、チームにとっても中川にとっても財産になる」とうなずいた。

母親が敵将ソフトバンク・工藤公康監督のファンであることが名前の由来

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY