元西武ルブラン、レンジャーズとマイナー契約 有原ら先発陣の故障でチャンス到来

レンジャーズとマイナー契約を結んだ元西武のウェイド・ルブラン(写真はオリオールズ所属時)【写真:Getty Images】
レンジャーズとマイナー契約を結んだ元西武のウェイド・ルブラン(写真はオリオールズ所属時)【写真:Getty Images】

今季はオリオールズ、ブルワーズに所属も結果を残せず、退団後FAとしてチャンスを伺っていた

 ブルワーズから自由契約になっていた元西武のウェイド・ルブラン投手がレンジャーズとマイナー契約を結んだ。今季早くも3球団目となる契約を結んだ“ジャーニーマン”に、米最大の移籍情報サイト「トレード・ルーマーズ」も注目している。

 今季開幕はオリオールズでプレーしたルブラン。6試合に登板もDFAとなり、5月にはブルワーズとマイナー契約を交わしたが、同月27日に再び自由契約となっていた。

 今後は3Aのラウンドロックでプレーしながらメジャー昇格を目指すことになる。レンジャーズは開幕投手のギブソンが右足の張り、1年目の有原も右肩手術で離脱中ということもあり、経験豊富な左腕には先発として期待される。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY