王者ホークスに勝ち越し、交流戦2位のDeNA セ・リーグ最下位から覚醒した理由

DeNA・伊藤光【写真:荒川祐史】
DeNA・伊藤光【写真:荒川祐史】

殊勲の大和がお立ち台で「田代さんのお陰です」

■DeNA 4ー3 ソフトバンク(3日・横浜)

 DeNAは3日、本拠地・横浜スタジアムで行われたソフトバンク戦に4-3で競り勝ち、このカードを2勝1分で勝ち越した。DeNAがソフトバンクに勝ち越したのは2012年以来9年ぶり。交流戦は現在5勝2敗2分で単独2位に付けている。セ・リーグで最下位を“独走”していたDeNAが交流戦突入とともに大きく変わった点がある。

 DeNAは交流戦前の段階で、5位・中日に5.5ゲーム差をつけられセ・リーグ最下位を“独走”していた。今も最下位であることに変わりはないが、交流戦ではまるで別のチームのような戦いぶりだ。

 まず、打撃部門の指導体制を変えた。今季は開幕から坪井智哉、嶋村一輝両打撃コーチがコンビを組んできたが、交流戦最初のカードの対オリックス3連戦から、66歳の田代富雄巡回打撃コーチが初めてベンチ入り。坪井コーチと組み、嶋村コーチはベンチを外れた。続く対楽天3連戦では逆に、坪井コーチが外れ、田代コーチと嶋村コーチがベンチ入りした。この日のソフトバンク戦は再び、田代コーチと坪井コーチのコンビ。三浦大輔監督は「いろいろな視点でアドバイスしてもらうため」と説明し、「(ベンチ入りの組み合わせは)だいたいカードごとに考えている」と明かしている。

 この日、3-3の同点で迎えた7回に左翼フェンス直撃の決勝適時二塁打を放った大和内野手は、お立ち台で「田代さんのお陰です」と語った。田代コーチは現役時代に大洋(現DeNA)の主砲として活躍し、「オバQ」の愛称でも親しまれた。引退後も楽天、巨人などでコーチを務め名伯楽と評され、2019年に1軍チーフ打撃コーチとしてDeNA復帰。今季は巡回打撃コーチに配転されていたが、チームの苦境打開のためにベンチに呼び戻された格好だ。

伊藤光のリードを指揮官は評価「光が相手打者の反応を見ながら、うまくリードしてくれた」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY