大谷翔平、3回に二塁打と犠飛で2点目を失う “リアル二刀流”で今季2勝目なるか

マリナーズ戦に先発しているエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
マリナーズ戦に先発しているエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

初回の第1打席はシフトに阻まれ二ゴロ併殺

■エンゼルス ー マリナーズ(日本時間5日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地で行われているマリナーズ戦に「2番・投手」で出場。初回はいきなり先頭打者アーチを浴びるなど3回まで2安打2失点、5奪三振の投球を見せている。

 大谷は今季5度目の投打同時出場の“リアル二刀流”でマウンドへ。初回は先頭のクロフォードに147キロの直球を捉えられ右翼席へ先頭打者アーチを浴び先制を許す。その後は3者連続三振で初回を1失点で凌いだ。

 2回は2三振を奪い3者凡退。先頭のフレーリーを95.3マイル(約153キロ)の直球で空振り三振に仕留め初回から4者連続三振。続くケルニックを二ゴロ、マーフィーをこの日最速95.8マイル(約154キロ)の直球で見逃し三振に仕留めた。

 3回は先頭・トランメルに右翼線二塁打を浴び犠打で1死三塁のピンチを背負う。ここでクロフォードに左犠飛を浴び2点目を失った。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY