アメフトに転身した元DeNA石川雄洋氏 一見クールな男が“初代主将”を任された理由

引退セレモニーに登場した石川雄洋氏【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】
引退セレモニーに登場した石川雄洋氏【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】

社会人アメフトXリーグ「ノジマ相模原ライズ」に入団、秋のリーグ戦出場を目指す

 ハマの元主将が、ファンに別れを告げた。5日に横浜スタジアムで行われたロッテ戦後、今季限りでプロ野球選手を引退した元DeNAの石川雄洋氏が、自身の引退セレモニーで晴れ晴れとした表情を見せた。横浜高から2004年ドラフト6位で横浜(現DeNA)入団。プロ16年間で通算1003安打、打率.256をマークした。DeNA初年度の2012年から3年間はチームの主将を務めた。昨季オフに戦力外通告を受け、当初は現役続行を希望していたが、今年3月に引退を表明。社会人アメリカンフットボールのXリーグ「ノジマ相模原ライズ」入団を発表し、異例の転身が決まっている。

「最初は疑問を感じました。非常に寡黙で、覇気が足りないように見えた。自分からアピールするわけではなかった。しかし、周りが徐々に彼の努力、野球に対する姿勢を認め、引き込まれていった」

 引退セレモニーで流れたVTRの中で、恩師の横浜高・渡辺元智前監督はそう語っていた。石川氏の人柄をうまく表現されている気がした。

 一見クールで、我が道を行くタイプ。選手間の話し合いで主将就任が決まった時、「本当にタケなの?」と目を丸くするOBもいた。しかし、熱い思いを胸に秘め、他人を深く思いやる男だ。

 主将時代、当時の中畑清監督と衝突し2軍に落とされたこともある。その中畑氏はVTRの中で「お互いに嫌いだったんじゃない? 一癖も二癖もあって、ちょっと俺を成長させてくれた」と笑わせた後、「あの熱量は半端ない」と評した。2015年に石川氏から主将の座を受け継いだ筒香嘉智(現ドジャース)は「(石川氏は)本気で他人のことを思える人。僕にとってはただの先輩ではない」と感慨深げに語った。

「これからは少しでも自分をわかってもらえるように…」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY