打てば「神様」打たねば「犯人」 3球団経験の“渡り鳥”だから感じた阪神の魔力

中日、阪神、西武でプレーした森越祐人氏【写真:小西亮】
中日、阪神、西武でプレーした森越祐人氏【写真:小西亮】

2015年から阪神で5年間プレーした森越祐人氏

 16年ぶりのリーグ優勝に向け、首位を快走する阪神。コロナ禍で観客は制限されているとは言え、球界屈指を誇るファンの熱は、日ごと増しているようにも思える。タイガースを取り巻くエネルギーは選手の後押しになる一方、重圧に変わる瞬間も。中日と西武を含めた3球団を渡り歩き、昨季限りで引退した森越祐人氏も、“虎の特別感”を味わったという。【小西亮】

 2010年のドラフト4位で名城大から地元の中日に入団するも、わずか4年で戦力外に。再起をかけたトライアウトを経て、2015年から伝統のタテジマに袖を通した。地元スポーツ紙の事実上“1強”だった名古屋時代と比べ、在阪メディアが大挙して取り囲む新天地。環境の違いに、背筋が伸びた。

 たとえ2軍にいても注目される状況で、グラウンド外でも一層気を配った。ただ何より、甲子園球場の空気は異質だった。守備固めでの出場が多かったものの、チャンスで代打が回ってきたときの壮絶さは、今まで味わったことがなかった。

首脳陣からのイジりに感謝、ムードメーカーの立場を確立

RECOMMEND

RELATED