「ガチで凄い」「球界一」 広島菊池涼、一人二役の“高速ジャンピングスロー併殺”

広島・菊池涼介【写真:荒川祐史】
広島・菊池涼介【写真:荒川祐史】

二塁ベース右のゴロをランニングキャッチし、自らベースを踏みジャンピングスロー

■ソフトバンク 1-1 広島(8日・PayPayドーム)

 広島の菊池涼介内野手が8日のソフトバンク戦(PayPayドーム)に「1番・二塁」でスタメン出場。4回の守備で“忍者併殺”を完成させファンを沸かせた。1人で2つのアウトを奪う超美技に「これはガチで凄いやつ」「あの体勢からあの送球……」と驚きの声を上げている。

 これぞプロの超美技が飛び出したのは4回だった。1死一塁の場面でソフトバンク柳町がバスターから放った打球は二塁ベース右へ弾んだ。二塁手・菊池はワンバウンドの打球をランニングキャッチすると、そのままの勢いで二塁ベースを踏みジャンピングスローで一塁へ転送し併殺を奪った。

 カバーに入ろうとした小園も思わず身を引き見守った超美技を「パーソル パ・リーグTV」も「柳町達がバスターも…『突如あらわれた赤忍者』に阻まれる」とのタイトルで動画を公開。これにはファンも「これはガチで凄いやつ」「球界一の守備職人」「あの体勢からあの送球……」「忍者そのもの」と大絶賛だった。

【動画】これぞプロの超美技 広島菊池涼の“ジャンピングスロー併殺”

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY