MVPは大谷翔平とゲレーロJr.の一騎打ち? 米メディアが予想する二刀流勝利の条件とは

ブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.(左)とエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
ブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.(左)とエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

「投打両方でこれほど生産性が高いのはベーブ・ルース以来」

 今年のア・リーグMVPは誰が受賞するだろうか? 2021年シーズンは各球団が60試合前後を消化した段階でまだ先は長いが、エンゼルスの大谷翔平投手と、ブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.内野手による争いだと米メディアが予想した。投打二刀流で精彩を放つ大谷か、7日(日本時間8日)時点で両リーグ最多の18本塁打を放っている22歳のゲレーロJr.か。2人の今後の活躍に注目が集まる。

 米メディア「バリー・スポーツ」は「ア・リーグMVP争い:オオタニとVlad(ゲレーロJr.)の間で、イッツ・Sho-time」とのタイトルで早くもMVP争いを特集。「ショウヘイ・オオタニが投手か打者かどちらかに専念していたら、現時点でア・リーグMVPはブラディミール・ゲレーロJr.が独走状態だっただろう」と報じた。

 しかし、大谷は怪我をしない限りは「どちらかに専念することはないだろう。彼は両方ともあまりに優れている」とし、大谷が受賞する場合の条件を次のように説明する。

「オオタニがしなければいけないのはフィールドに居続けることだけだ。そうすれば受賞するだろう。ア・リーグには(オオタニ)より生産性の高い打者や投手がいるが、MLBを追いかけている人なら誰もが知っているように、投打両方においてこれほど生産性が高い選手はベーブ・ルースが若かった頃以来、現れていない」

打撃でゲレーロJr.に離されず、「マウンドでやるべきことをやり続ければいい」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY