大谷翔平、自己最長143m弾含む3戦ぶりマルチ安打 第2打席でも右中間破る二塁打

右中間二塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】
右中間二塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

両リーグ最多のブルージェイズ・ゲレーロJr.らに1本差に迫った

■エンゼルス ー ロイヤルズ(日本時間9日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、本拠地のロイヤルズ戦に「2番・指名打者」で先発出場した。初回の第1打席で超特大の先制17号2ランを放つと、3回の第2打席では右中間二塁打。今季16度目のマルチ安打をマークした。

 まずは初回無死一塁。左腕・バビクの真ん中に入るチェンジアップを捉えた。右中間スタンドへ飛び込む3試合ぶりのアーチ。飛距離470フィート(約143.3メートル)はキャリア最長弾だ。打球速度112マイル(約180.2キロ)、角度は31度。打った瞬間に本塁打と分かる特大アーチだった。

 3回先頭では右中間を破る二塁打を放った。打球速度113マイル(約181.9キロ)と本塁打よりも速かった。3試合ぶりのマルチ安打をマークし、1死後、スタッシーの左越え2ランで生還した。

 前日7日(同8日)の同戦では2試合連続3四球を記録した。2戦連続3四球は球団では通算350本塁打を放った1993年チリ・デービス以来28年ぶり。主砲・トラウトが右ふくらはぎ痛で負傷者リスト入りした5月18日以降は17試合で15四球(2敬遠を含む)と急増していた。好球必打で2打席連続で結果を残した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY