鷹・柳田が“確信止まり”の一発 9試合ぶり13号2ランで通算200号に王手

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

広島先発の野村のチェンジアップを捉えて右中間スタンドへ

■ソフトバンク ー 広島(9日・payPayドーム)

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が9試合ぶりのアーチを放った。9日に本拠地PayPayドームで行われた広島戦。3回の第2打席で右中間スタンドに飛び込む“確信”のアーチをかけた。

 打った瞬間の“確信止まり”だった。3回2死二塁での2打席目。2ボール2ストライクからの6球目だった。広島先発の野村が投じたチェンジアップを捉えると、打球は右中間スタンドへと突き刺さった。打った柳田はその場で一瞬、止まり打球の行方を見届けた。

 柳田の本塁打は5月29日の巨人戦(PayPayドーム)以来、9試合ぶり。6月に入り初本塁打に。これで通算199本塁打となり、節目の200本塁打にあと1本とした。

【動画】打った瞬間“確信”のらしさの詰まった一撃 鷹・柳田の9試合ぶり13号2ラン

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY