「ワォ…」「信じられない…」大谷翔平、2戦連発の特大19号に敵地メディアは絶句

第2打席で19号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】
第2打席で19号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

解説のレイ・フォッシー氏「イチローはいつも日本の記者に対応しないといけなかった」

■アスレチックス 8ー4 エンゼルス(日本時間17日・オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地のアスレチックス戦に「2番・DH」で出場。2回の第2打席で、2試合連発となる19号ソロを放った。打った瞬間にそれと分かる一発に、敵地メディアも「ワォとしか言いようがない時もある」「オオタニへの密着ぶりにも納得」と呆れるしかなった。

 敵地放送局も呆然だった。エンゼルスが3点リードで迎えた2回2死。大谷は左腕アービンのスライダーに泳がされながらも右翼席へ豪快な一発。飛距離435フィート(約132.6メートル)、打球速度110.9マイル(約178.5キロ)の特大19号ソロだった。

 この試合を中継していた敵地TV局「NBCスポーツ・カリフォルニア」で実況を務めるグレン・カイバー氏、そして現役時代に2度球宴に出場した解説のレイ・フォッシー氏は思わず「ワォ……」と言葉を失った。

 豪快な一発を見届けたカイバー氏は「『ワォ』としか言いようがない時もたまにありますよね」と苦笑い。フォッシー氏も「失投を見逃さなかった。昨日は直球、今回は変化球……。信じられませんね」と、左腕からの2戦連発に賛辞を送っていた。

 投打の“二刀流”で連日、メディアを沸かせる大谷。フォシー氏はイチローの全盛期と比較しながら「イチローはいつも日本の記者たちに対応しないといけなかった。彼らのオオタニへの密着ぶりには納得ですよ」と語っていた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY