ダルビッシュ「1番早いのは誇り」 MLB史上最速の通算1500奪三振に喜び

試合後会見に臨んだパドレス・ダルビッシュ有(画像はスクリーンショット)
試合後会見に臨んだパドレス・ダルビッシュ有(画像はスクリーンショット)

「今日はフォーシームがすごく良かったし、カッターも良かった」

■パドレス 6ー2 ドジャース(日本時間22日・サンディエゴ)

 パドレスのダルビッシュ有投手が21日(日本時間22日)、本拠地でのドジャース戦に先発し、日本人3位タイのメジャー通算78勝目をマークした。6回まで2安打1失点11奪三振と好投。MLB史上最速となる1500奪三振も達成した記念の試合を今季7勝目で飾った。

 初回先頭のベッツを三ゴロに仕留めてまず1死。続くラックスを四球で歩かせたものの、ここから三振ラッシュ。ターナー、スミスから連続三振を奪うと、味方がマチャドの3ランなどで4点を先制した直後の2回はビーティー、テイラー、マッキンストリーを3連続三振に仕留めた。

 さらに3回もレクス、ウリアスから三振を奪って7連続三振。ベッツにソロを浴びて、連続三振は途切れたが、その後も三振を積み上げていった。6回にスーザJr.を見逃し三振に仕留め、これが11個目の三振に。ランディ・ジョンソン氏の206試合を上回る史上最速の通算197試合目で1500奪三振を達成し、1220回1/3での到達はナショナルズのスティーブン・ストラスバーグ投手(1272回1/3)を上回りイニング数でも史上最短記録となった。

 6回2死からクロネンワースのエラー、ターナーの単打で2死一、三塁のピンチを招いたものの、スミスを二ゴロに打ち取って窮地を脱出。ダルビッシュは6回2安打1失点11奪三振で降板。その後はリリーフ陣がリードを守ってパドレスは快勝し、今季7勝目、田中将大投手(現楽天)に並ぶ日本人3位タイの通算78勝目をあげた。

「今日はフォーシームがすごく良かったし、カッターも良かった。全体的に良かったと思います」と、この日は調子自体も上々だったというダルビッシュ。ランディ・ジョンソンを抜く最速1500奪三振について「近いことは分かっていましたけど、メジャーの歴史でも1番早いということで誇りに思います」と胸を張った。

 メジャー9年目、197試合目での1500奪三振達成。メジャーでは史上初めて200試合未満で節目の到達した。「もうこっちに来て最初はスライダー、速いカーブでずっと三振を取っていましたけど、今は全部の球種で三振を取れるようになったので、来た時よりもいい投手になれたかなと思います」とも語り、自身の成長を口にしていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY