大谷翔平は「異次元」「違う生き物」 投手戦演じたCY賞候補右腕までも脱帽

本拠地でのジャイアンツ戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】
本拠地でのジャイアンツ戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

大谷の“注目度”に衝撃「どれだけ多くの人たちが…」

■ジャイアンツ 9ー3 エンゼルス(日本時間24日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、本拠地でのジャイアンツ戦に「2番・投手」で出場。6回9奪三振6安打1失点と好投も勝敗はつかず、今季4勝目&日米通算50勝はならなかった。7回を9奪三振4安打1失点と好投したジャイアンツのケビン・ガウスマン投手は「彼は違う生き物」といった表現で、投手戦を演じた大谷を称賛した。

 延長13回にもつれ込んだ総力戦は序盤、大谷とガウスマンによる息詰まる投手戦。今季8勝を挙げているガウスマンが許した失点は5回にレンヒーフォに浴びたソロアーチのみで、打者・大谷に対しては一ゴロ、空振り三振、空振り三振と封じ込んだ。 

 しかし、30歳の右腕は大谷への畏敬の念を隠さなかった。「彼は異次元。僕がフィールドに出てきてすぐに気づいたことがある。普通なら先発投手がウォーミングアップする姿に注目する人なんてそこまでいないのに、どれだけ多くの人たちが彼のことを見ていたことだろう。彼は違う生き物なんだ」と、大谷の一挙手一投足にファンが注目していることを実感。

 さらに「彼の能力は感心すべきものだ。99マイル(約159.3キロ)の球を投げ、ボールを遠くに飛ばすアスリートなんだ。とてもダイナミックな選手だと思うよ」と述べた。

 この日の大谷のフォーシームの最速は99.2マイル(約159.6キロ)。3打数無安打に封じたとはいえ、ここまでの大谷の本塁打数はメジャートップタイの23本。実際に対戦して、ガウスマンは大谷の凄さを感じたようだ。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY