大谷翔平、ダメ押し25号ソロで両リーグ最多に1本差 3安打3打点でエ軍5連敗ストップ

敵地でのレイズ戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
敵地でのレイズ戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

一時勝ち越し二塁打&同点三塁打も、4回二盗で日本人5位メジャー40盗塁も記録

■エンゼルス 6ー4 レイズ(日本時間28日・セントピーターズバーグ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、敵地のレイズ戦に「2番・指名打者」で先発出場した。6回の第3打席で一時勝ち越しの適時二塁打を放つと、7回の第4打席で同点の適時三塁打。9回の第5打席では2試合ぶりの25号ソロを放った。本塁打王争いでは両リーグ最多に1本差とした。4打数3安打3打点で打率.277。チームは6-4で競り勝ち、連敗を5で止めた。

 豪快なアーチをかけた。1点リードの9回2死。5番手右腕フェアバンクスの94.8マイル(約152.6キロ)の直球をバットに乗せた。左中間へ飛び込む25号ソロ。打球速度108マイル(約173.8キロ)、飛距離384フィート(約117.0メートル)、打球角度38度だった。月間10本塁打は2019年6月を超える自身最多だ。本塁打王争いではリーグトップ26本塁打のブルージェイズ・ゲレーロJr.に再び1本差に迫った。

 獅子奮迅の活躍だ。1-1で迎えた6回無死一塁では変則左腕ヤーブローから一時勝ち越しの右越え適時二塁打。打球速度104マイル(約167.3キロ)と強烈な一打だった。1点を追う7回2死二塁では3番手左腕スプリングスのスライダーを捉え、同点の右翼線適時三塁打。1試合3安打は4月13日の敵地ロイヤルズ戦以来、今季3度目だ。

 4回先頭は四球で出塁し、すかさず今季11個目の盗塁となる二盗を決めた。田口壮を抜いて日本人単独5位となるメジャー通算40盗塁。同2死三塁からゴセリンの二塁内野安打で先取点となるホームへ駆け抜けた。足でもチームに貢献した。

 この日、大リーグ機構はオールスター戦のファン投票の1次結果を発表し、大谷はア・リーグ指名打者部門で196万1511票を集めてトップ通過。28日(同29日)からの各ポジション上位3人(外野手は9人)による最終投票に進出した。チームは今季ワーストタイ5連敗中だった。2019年に日本人初のサイクル安打を達成したトロピカーナ・フィールドで、打者・大谷がまたも大暴れを見せた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY