大谷翔平、両リーグトップタイ26号先制ソロでヤ軍粉砕 自己最速189キロ弾に敵地衝撃

26号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平(左)【写真:ロイター】
26号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平(左)【写真:ロイター】

大谷は5打数1安打で打率.275、チームは救援陣が踏ん張り連勝

■エンゼルス 5ー3 ヤンキース(日本時間29日・ニューヨーク)

 エンゼルスの大谷翔平投手が28日(日本時間29日)、敵地でのヤンキース戦に「2番・DH」でスタメン出場。第1打席で両リーグトップタイの先制26号ソロを放ち5打数1安打1打点の活躍。試合は5-3で勝利し連勝を飾った。

 3年ぶりのヤンキー・スタジアムで大谷がいきなり見せた。初回の第1打席では右腕・キングから右翼席へ球団最速となる打球速度117.2マイル(約189キロ)、飛距離416フィート(約127メートル)の26号先制ソロ。NYファンからは打席に入る際にブーイングはなく“敵地初安打”となった豪快弾にはどよめきが起こっていた。

 その後は3回の第2打席は中飛、5回の第3打席は空振り三振、6回の第4打席は見逃し三振、9回の第5打席は二ゴロに倒れた。

 試合は先発のバンディが熱中症により2回途中で緊急降板となったが、その後に登板した左腕・スアレスが5回1/3を1失点に抑える好救援を見せるなど、中継ぎ陣が踏ん張りヤンキース打線に反撃を許さなかった。

 これで大谷は打者として73試合に出場し打率.275、26本塁打、60打点、11盗塁。投手としては6月30日(同7月1日)のヤンキース戦で今季12度目の先発マウンドに上がる。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY