大谷翔平、189キロ弾丸&127m特大26号にエ軍OB衝撃「信じられない瞬間です!」

26号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
26号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

初回の第1打席で右翼席へ両リーグトップタイの26号ソロ

■ヤンキース ー エンゼルス(日本時間29日・ニューヨーク)

 エンゼルスの大谷翔平投手が28日(日本時間29日)、敵地でのヤンキース戦に「2番・DH」でスタメン出場。初回の第1打席で2試合連発、両リーグトップに並ぶ26号ソロを放った。今季自己最速となる打球速度117.2マイル(約189キロ)、飛距離416フィート(約127メートル)の豪快弾にエ軍OBも「信じられない瞬間」と衝撃を受けたようだ。

 瞬く間に打球はスタンドに突き刺さった。大谷は初回1死走者無しで迎えた第1打席で右腕・キングから右翼席へ両リーグトップタイとなる26号ソロを放った。

 この試合を中継した「バリースポーツ・ウエスト」で解説を務めるエンゼルスOBのマイク・グビザ氏は「打球がどこまで飛んだか見てください!」と大興奮。弾丸ライナーでスタンドインした特大弾に「早速、信じられない瞬間ですよ! なんというスイングでしょうか!」と大絶賛だった。

 3年ぶりのヤンキースタジアムで“敵地初安打”を豪快弾で飾った大谷に実況のダロン・サットン氏も「オオタニが右翼後方へかっ飛ばしました! グッバイ! ニューヨークへようこそ、オオタニ!」と“歓迎”していた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY