大谷翔平の26号が口火… 4連敗のヤンキース監督がお手上げ「最高の打者たち」

26号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
26号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

ヤンキースの先発・キングは初回に大谷のソロを浴びるなど2失点

■エンゼルス 5ー3 ヤンキース(日本時間29日・ニューヨーク)

 エンゼルスの大谷翔平投手が28日(日本時間29日)、敵地でのヤンキース戦に「2番・DH」でスタメン出場。両リーグトップタイとなる先制26号ソロを放ち5打数1安打1打点の活躍。一方、4連敗を喫したアーロン・ブーン監督は初回の2点を悔やみ、大谷ら上位打線を「最高の打者」と評価した。

 ヤンキースは先発の右腕・キングが立ち上がりに捕まった。初回1死から大谷に右翼席へ26号先制ソロを浴びると、ウォルシュにはタイムリー二塁打といきなり2失点。その後は一時、同点に追いついたがエンゼルスの救援陣を打ち崩せず4連敗を喫した。

 試合後、ブーン監督はキングの立ち上がりを課題に挙げ「初回は最高の打者たちと対戦する。それも理由の一つだ。見てわかるようにオオタニもいるし、レンドンに対しては四球だったが惜しい球のように見えた」と振り返っていた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY