大谷翔平、キング独走の2打席連発は「別次元」 ヤ軍指揮官もベタ褒め「見事だった」

敵地でのヤンキース戦に出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
敵地でのヤンキース戦に出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

ヤンキースのブーン監督が大谷を評価「打席に立つ時にはそんな雰囲気がある」

■ヤンキース 11ー5 エンゼルス(日本時間30日・ニューヨーク)

 エンゼルスの大谷翔平投手が29日(日本時間30日)、敵地でのヤンキース戦に「2番・DH」で出場し2打席連発となる27号ソロ、28号2ランを放った。敵将アーロン・ブーン監督は「見事だった。彼は別次元に向かっている」と最大級の賛辞を送った。

 大谷は初回の第1打席は右飛に倒れたが、3回の第2打席で右翼席へ3試合連続となる27号ソロ。さらに5回の第3打席でも弾丸ライナーで右翼席へ運ぶ28号2ランを放った。

 ヤンキー・スタジアムで2戦3発と大暴れの二刀流にブーン監督は「彼は……」と言葉に詰まりながらも「見事だった」と称えるしかなかった。これまでも大谷を評価していた指揮官だが「数年前に初めて見た時も強い印象を受けたが、彼は別次元に向かっているように思える。打席に立つ時にはそんな雰囲気がある」と改めてその才能を高く評価していた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY