大谷翔平、悪夢の1回もたず7失点KO 米記者も衝撃「オオタニも人間」「こんなのイヤ」

ヤンキース戦に先発するも初回KOとなったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
ヤンキース戦に先発するも初回KOとなったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

初回3連続四球でピンチを招くと、2死しかとれず7失点KO

■ヤンキース ー エンゼルス(日本時間1日・ニューヨーク)

 エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間1日)、敵地でのヤンキース戦でメジャーで初となる「1番・投手」で出場したが、1回もたずにノックアウトされた。初回の第1打席で中飛に倒れると、その裏、5つの四死球を与えるなど大乱調で7点を失い、2死しか奪えずにKO。外野にも入らずに交代となった。

“元祖二刀流”ベーブ・ルースが本拠地とした聖地での初登板は悪夢の結果となった。初回の第1打席で中飛に倒れると、この打席が大谷のこの日最後の打席となった。味方に2点の援護をもらったその裏、大谷の立ち上がりは大乱調だった。

 先頭のルメイヒューを追い込みながら四球で歩かせると、ボイトにも四球。サンチェスにもボールが先行すると、3連続四球で無死満塁のピンチを背負った。スタントンに左前適時打を許して1点を返されると、トーレスにも左前適時打を浴びて同点に追いつかれた。

 オドーアを空振り三振に仕留めてようやく1つ目のアウトを取ったが、アンドゥハーの三塁ゴロの間に3点目を奪われて逆転を許した。フレイジャーに死球を与えて再び満塁となり、ガードナーには押し出し四球。ここでジョー・マドン監督がマウンドに行き、交代を告げた。外野に入らずにベンチへと退いた。

 わずか2/3での降板は今季最短降板。大谷は右肘のトミー・ジョン手術からの復帰戦となった2020年7月27日のアスレチックス戦で1死もとれず、3安打3四球5失点で降板しており、これがキャリア最短の降板だった。マウンドを降りる際には敵地ニューヨークのファンから大歓声が起こった。代わったスレガースが走者一掃の適時打を浴びて、大谷は7失点となった。

 悪夢のような降板劇に米メディアも次々に反応。米誌「ザ・ニュー・リパブリック」ジェイコブ・シルバーマン記者は「このオオタニの先発を受け入れることを拒んでいる。これはただの練習だった。本当の試合はこの後始まるんだ」と自身のツイッターに綴り、英紙「ガーディアン」などに寄稿するホイットニー・マッキントッシ記者も「41球、2/3イニングでオオタニが試合から去ってしまった。サンクス、こんなの嫌だ」と衝撃を受けた様子だった。

 また、NY紙「ニューヨーク・タイムズ」などに寄稿しているアダム・ザゴリア記者はツイッターで「私が思うに、結局オオタニも人間だったということだろう」と投稿。「NYポスト」のジョセフ・スタジュースキー記者は「ヤンキースが今日、オオタニにちょっとしたリベンジを果たした」と反応していた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY