大谷翔平、“聖地”初登板は1回もたずKO 辛口NYメディア「多くの期待が水の泡に」

ヤンキース戦に先発するも初回KOとなったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
ヤンキース戦に先発するも初回KOとなったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

5つの四死球を与えるなど大乱調だった大谷

■ヤンキース ー エンゼルス(日本時間1日・ニューヨーク)

 エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間1日)、敵地でのヤンキース戦で1回もたずに7失点でノックアウトされた。メジャーで初となる「1番・投手」で出場したが、初回に5つの四死球を与えるなど大乱調で2死しか奪えずにKO。外野にも入らずにベンチへ退いた。

“元祖二刀流”ベーブ・ルースが本拠地とした聖地ヤンキースタジアムでの初登板は悪夢の結果となった。初回の第1打席で中飛に倒れると、この打席が大谷のこの日最後の打席に。味方に2点の援護をもらったその裏に炎上した。

 先頭のルメイヒューを追い込みながら四球で歩かせると、ボイトにも四球。サンチェスにもボールが先行し、3連続四球で無死満塁のピンチを背負った。スタントンに左前適時打を許して1点を返されると、トーレスにも左前適時打を浴びて同点に追いつかれた。

 オドーアを空振り三振に仕留めてようやく1つ目のアウトを取ったが、アンドゥハーの三塁ゴロの間に3点目を奪われて逆転を許した。フレイジャーに死球を与えて再び満塁となり、ガードナーには押し出し四球。ここでジョー・マドン監督がマウンドに行き交代を告げ、外野に入らずにベンチへと退いた。

 わずか2/3での降板は今季最短降板。大谷は右肘のトミー・ジョン手術からの復帰戦となった2020年7月27日のアスレチックス戦で1死もとれず、3安打3四球5失点で降板しており、これがキャリア最短の降板。7失点は日米通じてキャリアワーストタイとなった。

 初のヤンキー・スタジアムのマウンドは悪夢のような結末に。これには辛口で知られるNYメディアも衝撃的だったようで、NY紙「NYポスト」は「ショウヘイ・オオタニはヤンキース戦で1イニングもたなかった」と速報。記事では「ヤンキー・スタジアムのマウンドでのショウヘイ・オオタニの先発は、数多くの期待を集めていたが、それはあっという間に水の泡となってしまった」と評した。

 また、米メディア「ノース・ジャージー.com」も「ブロンクスでの“Sho-time”は1イニングも続かなかった。オオタニの防御率は試合前の時点では2.58だったが、悲惨な登板により3.60へと急上昇した」と伝えていた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY