DeNAオースティンが日本の脅威に? 蘇る北京でのイ・スンヨプの悪夢

DeNAのタイラー・オースティン【写真:荒川祐史】
DeNAのタイラー・オースティン【写真:荒川祐史】

2008年北京五輪準決勝で“右翼手・稲葉”の頭上を越えていった飛球

■DeNA 9ー4 中日(30日・神宮)

 DeNAのタイラー・オースティン外野手は6月30日、神宮球場で行われた中日戦に出場し5打数4安打2打点の大当たり。チームを今季最長の5連勝に導いた。今季打率を.348とし、首位打者争いでトップを走っている。東京五輪に出場する侍ジャパンの稲葉篤紀監督がこの試合を視察し「米国代表になれば脅威」とオースティンに要注意マークを付けた。

 敵には回したくない男だ。新型コロナウイルスワクチン接取の副反応で倦怠感を訴えたため、前日(29日)の同カードを欠場したオースティンだったが、この日は「4番・右翼」でスタメンに復帰。いきなり1回1死二、三塁で先制へ左前適時打。2回には、球団タイ記録の「1イニング4二塁打」の4本目を飾る左翼線二塁打を放った。

 6回には中前打、8回にも左前打とヒットを重ねると、代走を送られお役御免。「昨日は体調がすぐれなかったが、今日はよくなった。万全とは言えないけれど、ゲームに出場するスタミナは十分あったよ」と事もなげに語った。6月の月間成績が打率.406(69打数28安打)、9本塁打25打点という猛打に、三浦監督は「すごいですね」と感嘆するしかなかった。

 東京五輪出場を決めている米国代表は、MLB球団との契約がまとまらず“浪人中”の元メジャーリーガーやマイナーリーグの若手らで構成され、6月上旬の米大陸予選を1位で通過した。例によってMLBは五輪期間中も中断されることはなく、現役メジャーリーガーの参加は不可能。メジャー通算33本塁打の実績があり、ただ今絶好調、来日2年目で日本に順応しているオースティンが本戦メンバーに選ばれれば、願ってもない戦力になるのではないか。勝手知ったる本拠地・横浜スタジアムが五輪野球のメーン会場となることも、大いにプラスに働くだろう。

  オースティン自身は「(米国代表サイドから)特に何も情報は聞いていない」としつつ「一生に1度のチャンスだろうから、もし米国代表に選んでいただけるなら光栄。なるべく良い方向で考えたい」とうなずいていた。

 日本には苦い記憶がある。五輪に野球競技が採用されるのは、2008年北京以来3大会ぶり。前回の北京で、星野仙一監督率いる日本代表は、準決勝で韓国と対戦し、2-2の同点で迎えた8回、当時巨人在籍中でロッテ時代を含め来日5年目を迎えていたイ・スンヨプに勝ち越し2ランを浴びた。日本代表の主力選手として右翼を守っていた稲葉監督の頭上を越えていく飛球だった。結局、日本は屈辱のメダルなし(4位)に終わった。

 この日、オースティンの猛打を目の当たりにする稲葉監督の脳裏には、イ・スンヨプの姿が蘇っていたかもしれない。北京のリベンジを誓う侍ジャパンの前に、またもや親しみ深い助っ人が立ちふさがることになるのか。

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY