大谷翔平、1回もたず降板は「明日もDHで使うから」 7失点KOに指揮官「制球の問題」

試合後の会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)
試合後の会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)

翌2日はデーゲーム…マドン監督「降板させるときに彼に説明した」

■エンゼルス 11ー8 ヤンキース(日本時間1日・ニューヨーク)

 エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間1日)、敵地でのヤンキース戦で1回もたず7失点でKOされた。メジャー初の「1番・投手」で出場し、5つの四死球を与えるなど大乱調。チームは9回に一挙7得点を挙げ、奇跡的な逆転勝ちをおさめた。2敗目を逃れた大谷について、ジョー・マドン監督は試合後「ただただコントールの問題だった」と総括した。

 2点を先制してもらった初回。先頭から3連続四球を与えて無死満塁のピンチを背負い、スタントンに左前適時打を許した。さらにトーレスにも左前適時打を浴び、1アウトも取れないまま同点に。オドーアを空振り三振に仕留めて1死としたが、アンドゥハーの三塁ゴロの間に3点目を奪われて逆転。フレイジャーへの死球で再び満塁となると、ガードナーには押し出し四球を与え、降板が告げられた。継投したスレガースが走者一掃の適時二塁打を浴び、大谷は2/3回で2安打5四死球7失点。打者9人に対して計41球を投げ、防御率3.60に悪化した。

 わずか1回途中で降板させたことに、指揮官は「40球に達したらでこれ以上続投させたくないと思った。降板させるときに明日もDHで使いたいからと彼に説明した。もし彼が長く投げていたら、明日DHでは使わないだろう」と説明。翌1日(同2日)の同カードはデーゲームという状況も考慮。「一度外野に移して打席に立たせることも考えたが、暑くて汗も多く流していた。明日DHとして出てもらうほうが利益があるだろうと考えた」と述べた。

 大谷の降板後、2度の降雨中断を挟み、日付を跨いで6時間近くに及ぶ長丁場に。4点を追う9回にウォルシュが守護神チャップマンから満塁弾を放って同点に追いつくと、さらにレンヒーフォの勝ち越し打で大逆転勝ちをおさめた。打線に黒星を消してもらった大谷。次はバットでチームを救う。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY