大谷翔平「体調も良くて腕も振れていたけど…」 初回もたず7失点KOの原因は?

試合後の会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)
試合後の会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)

「状態が突っ込み気味でその分引っかけも多かった」

■エンゼルス 11ー8 ヤンキース(日本時間1日・ニューヨーク)

 エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間1日)、敵地でのヤンキース戦で1回もたず7失点でKOされた。メジャーで初となる「1番・投手」で出場したものの、5つの四死球を与えるなど大乱調で7失点。チームが大逆転勝ちを収めた試合後は「体調も良くて腕も振れていたんですけど、逆に引っかけが多くて、そこら辺(が原因)かなと思います」と振り返った。

 大谷は初回の第1打席で中飛に倒れたものの、味方が2点を先制。だが、その裏、先頭のルメイヒュー、ボイト、サンチェスと3連続四球を与えて無死満塁のピンチを背負うと、スタントンには左前適時打、トーレスにも左前適時打を浴びて、1アウトも取れないまま同点に追いつかれた。

 オドーアを空振り三振に仕留めて1死としたが、アンドゥハーの三塁ゴロの間に3点目を奪われて逆転。フレイジャーへの死球で再び満塁となると、ガードナーには押し出し四球を与えた。ここで大谷は降板となり、外野にも入らずにベンチへと退いた。代わったスレガースが走者一掃の適時二塁打を浴びて、大谷は2/3回で2安打5四死球7失点でマウンドを降りることになった。

 エンゼルスは4点ビハインドの9回にウォルシュがチャップマンから起死回生の同点満塁弾を放ち、大谷の黒星は消えた。さらにゴセリンの四球、フレッチャーの中前安打で1死一、三塁とすると、代打レンヒーフォが適時打を放って逆転。ウォードも適時二塁打で続いてリードを拡大すると、その裏を守護神イグレシアスが締めて大逆転勝利を飾った。

 約6時間に及ぶ大乱戦となった試合後、会見に臨んだ大谷は「上体が突っ込み気味でその分引っかけも多かった。傾斜に対応する前にああいう形になってしまった」と原因を分析。さらに「身体の状態的には起きたときもかなりスッキリしていましたし、いい状態で臨めたと思っています。そういう時は力づくで投げたり、そういう傾向が強いのかなというのがある。重いな、ダルいなというときのほうがゆったり使えることもあるので、そういうところにちょっと難しいところがある」と語っていた。

 ただ、チームは土壇場で追いつき、逆転勝利をつかんだ。自身の黒星も味方によって消え「試合後のハイタッチなんかは今年一番の盛り上がりだったんじゃないかなと思うので、個人的には悔しいですし、残念なゲームだったんですけど、周りの選手が助けてくれて拾えたゲームなので、チーム的には大きいと思いますし、個人的にも明日以降取り返すチャンスがあると思うので、もう1回頑張りたいなと思います」と気持ちを切り替えていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY