大谷翔平、敬遠四球で場内大ブーイング 両リーグ最速30号翌日は2打席連続で四球

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

本拠地・オリオールズ戦で「2番・DH」で先発出場

■エンゼルス ー オリオールズ(日本時間4日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地のオリオールズ戦に「2番・指名打者」で先発出場した。2回の第2打席で敬遠四球で歩かされ、場内は大ブーイングだった。2004年松井秀喜(ヤンキース)に並ぶ日本人シーズン最多31本塁打が飛び出すか注目が集まる。

 3点リードの2回無死三塁。タイムリーの期待が高まったが、敵軍から勝負を避けられた。今季4個目の敬遠四球。得点にはつながらなかった。初回無死一塁はフルカウントから四球を選んで出塁。同満塁からゴセリンの一ゴロの間に2点目のホームを踏んだ。

 前日2日(同3日)の同戦では29号ソロ、30号2ランと2打席連発。9回の四球出塁後に二盗を決めてサヨナラ生還した。試合前まで6月25日の敵地・レイズ戦から7戦7発とアーチ量産。豪快なアーチを期待したいところだ。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY