大谷翔平は「全てホームランにしそう」 日本人最多31号にマドン監督激賞

会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)

3回の第2打席で特大の31号、オールスター前に松井秀喜に並ぶ

■エンゼルス 6ー5 オリオールズ(日本時間5日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地のオリオールズ戦に「2番・指名打者」で先発出場し、日本人最多タイの31号本塁打を放った。オールスター戦前に、2004年に松井秀喜(ヤンキース)が記録した日本人シーズン最多本塁打数に並び、ジョー・マドン監督は「彼がこんな状態でいるのを見られるのはとても嬉しいよ」と激賞した。

 初回無死二塁での第1打席は空振り三振に倒れた大谷だったが、3回1死での第2打席で特大弾をかっ飛ばした。右腕エシェルマンの低めのスライダーをバックスクリーンへ。飛距離459フィート(約139.9メートル)の特大弾となり、ブルージェイズ・ゲレーロJr.に4本差をつけた。

 エンゼルスは一時、試合をひっくり返されたものの、1点ビハインドの9回にラガレスが逆転打を放ってサヨナラ勝ち。劇的な勝利を飾ったマドン監督は「彼はまたやった。しかも、もう少しでもう1本打つところだった」と語り、中飛に倒れた第4打席もホームランまで紙一重だったと分析。

「前も言ったように、ミスショットだったときですら、全スイング全てホームランを打てそうに見える。そんなことが何回かあった。彼がこんな状態でいるのを見られるのはとても嬉しいよ」と語り、本塁打を量産する大谷の状態を褒め称えていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY