前田健太、6回無失点で4勝目 10K奪三振ショーを監督絶賛「全て優れていた」

ロイヤルズ戦に先発し4勝目を挙げたツインズ・前田健太【写真:Getty Images】
ロイヤルズ戦に先発し4勝目を挙げたツインズ・前田健太【写真:Getty Images】

3回から4イニング連続で2三振ずつを奪う力投

■ツインズ 6ー2 ロイヤルズ(日本時間5日・カンザスシティ)

 ツインズの前田健太投手は4日(日本時間5日)、敵地でのロイヤルズ戦に先発し、今季4勝目をマークした。6回を投げて、10個の三振を奪い無失点と好投。メジャー通算57勝目となり、日本人投手では歴代単独6位となった。チームは連敗を5で止めた。

 2回に2死一、三塁のピンチを切り抜けた前田は、そこから奪三振ショーを演じた。3回から6回まで1イニング2三振ずつを奪い、毎回の10奪三振。2回のピンチから13者連続で打ち取り、6回までゼロを並べて勝利投手となった。

 前回登板だった6月29日(同30日)の敵地ホワイトソックス戦では4回2/3で8安打7失点で今季3敗目。乱調から中4日できっちり調整した右腕に対し、ロッコ・バルデリ監督は「我々が今まで多く見てきたケンタだった。全ての要素において優れていた。投げていくにつれて強くなっていったと思う。本当に素晴らしい登板だった」と絶賛していた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY