大谷翔平、松井秀喜超えのバースデー弾なるか 初回は空三振、3回はバット折れ遊ゴロ

第2打席でバットを折られ遊ゴロに倒れたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
第2打席でバットを折られ遊ゴロに倒れたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

本塁打王争いでは2位のゲレーロJr.に4本差

■エンゼルス ー Rソックス(日本時間6日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地のレッドソックス戦に「2番・指名打者」で先発出場した。初回の第1打席は空振り三振、3回の第2打席は遊ゴロに倒れた。この日が27歳の誕生日。2004年松井秀喜を上回る日本人シーズン最多32本塁打に期待がかかる。

 通算62勝左腕ペレスと対戦した。初回1死はフルカウントから低めチェンジアップに空振り三振。3回1死一塁はバットを折られてボテボテの遊ゴロに倒れた。

 誕生日は2019年にアストロズの通算226勝右腕・バーランダーからアーチをかけ、NPB時代の2014年にも1試合2発を放った。ここまで両リーグ最多31本塁打で、リーグの本塁打王争いでは2位のブルージェイズ・ゲレーロJr.と4本差。試合前まで7戦7発と絶好調。2年ぶりのバースデー弾で突き放したいところだ。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY