大谷翔平に敵将も脱帽「本当に凄い」 7回2失点で日米通算50勝達成

レッドソックス戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
レッドソックス戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

コーラ監督は大谷の投手としての成長を実感「考えて投げていたのが分かる」

■エンゼルス 5ー3 Rソックス(日本時間7日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地のレッドソックス戦に「2番・投手」で出場し、7回2失点の好投で日米通算50勝目をマークした。今季最長タイの7回を投げて5安打無四球2失点。打っても初回に自ら同点打を放ち、2018年に並ぶキャリアハイの4勝目をあげた。

 初回にJD・マルティネスの犠飛で先制点を奪われたものの、その裏、自らのバットで同点の適時二塁打を放って試合を振り出しに戻した。さらに、大谷とバッテリーを組むスタッシーが2ランを放ち、逆転に成功。一転して2点をリードした。

 大谷は2回に相手打者アローヨの折れたバットを拾い、手渡すという紳士的な振る舞いを見せ、その後も安定した投球を披露。今季最長の7回を投げて5安打4奪三振2失点の好投。前回の敵地・ヤンキース戦では5つの四死球を与えて7失点で1回もたずにKOされていたが、この日は今季2度目の無四球投球で、投じた89球のうち65球がストライク。ストライク率は73%と制球が安定していた。

 大谷に5安打で2点に封じられたレッドソックスのアレックス・コーラ監督も二刀流右腕に脱帽だ。「2018年と比べたら、違うピッチャーだと感じた。2018年の時はまだ来て間もない時だったが、鋭い球を投げてた。今日はもちろん強く投げていたが、“ピッチャー”として投げていた。7回まで投げたが、見てるほどスムーズではなかった。アレックスの打席で見たと思うが高めのストレートは効果的だった。最後の方もストレートに伸びがあった。ちゃんと考えて投げているのがわかる」とコメントし、大谷の投手としての完成度の高さを称賛した。

 この日は初回に自ら同点の適時打を放ち、その後の2ランで逆転のホームを踏んだ。投球だけでない躍動に、コーラ監督は「それ以外にバッティングや走塁もしなければいけない。彼のやっている事は凄いと思う。このレベルでそこまでできるのは本当に凄いと思う。先発をしながら、DHの役割を果たすのは想像もつかない」と、その働きに賛辞を送っていた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY