大谷翔平は「真の長距離打者、唯一無二の存在」 松井秀喜氏が日本人最多32号を祝福

「2番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
「2番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

「大谷選手のバッティングを持ってすれば、ただの通過点に過ぎない」

■エンゼルス 5ー4 Rソックス(日本時間8日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地のレッドソックス戦に「2番・指名打者」で先発出場した。初回の第1打席で左前打を放つと、5回の第3打席で3試合ぶり一発となる勝ち越し32号ソロ。日本人シーズン最多本塁打の新記録をマークした。これが決勝弾となり、チームは逃げ切り勝ちして2連勝。松井秀喜氏はエンゼルス球団を通じて祝福のコメントを寄せた。

 ゴジラ超えの一発は同点の5回先頭だった。左腕ロドリゲスの内角チェンジアップを右翼席へ運び、2004年松井秀喜(ヤンキース)が記録した日本人最多本塁打を塗り替えた。打球速度114.5マイル、飛距離433フィート。リーグの本塁打王争いは両リーグ最多で、2位のブルージェイズ・ゲレーロJr.に4本差を付けた。5日(同6日)が27回目の誕生日。これが27歳初アーチとなった。

 松井さんは「シーズン32本塁打は、大谷選手のバッティングを持ってすれば、ただの通過点に過ぎないと思います。大リーグでは私も長距離打者とは呼ばれたことはありましたが、彼こそが真の長距離打者だと感じます。また、大谷選手は素晴らしいピッチャーです。大リーグの常識を変えた唯一無二の存在です。今後もファンの方々や少年たちの夢を背負い、シーズンを乗り切って欲しいと思います。私も一野球ファンとして、楽しみにしています」とコメントした。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY