大谷翔平、松井秀喜超え日本人最多32号が決勝弾 史上初の快挙も達成、エ軍は2連勝

日本人シーズン最多となる32号を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
日本人シーズン最多となる32号を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

5回の第3打席で32号勝ち越しソロ、澤村は1回無失点

■エンゼルス 5ー4 Rソックス(日本時間8日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地のレッドソックス戦で日本人シーズン最多32号本塁打を放った。「2番・指名打者」で先発出場し、5回の第3打席で勝ち越し32号ソロ。3試合ぶりの一発で松井秀喜(ヤンキース)が2004年に記録した日本人シーズン最多本塁打記録を更新した。4打数2安打1打点で打率.279。チームは5-4で競り勝って2連勝。貯金2とした。

 ゴジラを超える一発は、2-2で迎えた5回先頭だ。左腕ロドリゲスに対して左脚に自打球を2球当てながらも、内角チェンジアップを捉えた。右翼席へ飛び込む勝ち越し32号ソロ。打球速度114.5マイル(約184.3キロ)、飛距離433フィート(約132.0メートル)と完璧な一発。だった。5日(同6日)が誕生日で、27歳初アーチとなった。

 6月27日(同28日)の敵地・レイズ戦から10戦8発。リーグの本塁打王争いは両リーグ最多で、2位のブルージェイズ・ゲレーロJr.に4本差を付けた。球団によると、オールスター戦前の32本塁打&12盗塁以上は史上初の快挙。また、前半戦中の32本塁打は2013年に37本塁打を放ったクリス・デービス(オリオールズ)以来の量産ぶりだ。

 初回無死一塁では4試合連続安打となる左前打。内角シンカーを逆方向へ打ち返す技ありの一打だった。一塁走者・フレッチャーが三塁へ進む間に、大谷も二塁へ。同二、三塁に好機を広げた。同1死三塁からゴセリンの中前適時打で2点目のホームを踏んだ。5試合ぶり今季24度目のマルチ安打。日米通算50勝を挙げた翌日に主軸打者としてチームを引っ張った。

 また、レッドソックスの澤村拓一投手は6回から2番手として救援。1イニングを1安打無失点に抑えた。防御率2.57。大谷との日本人対決はお預けとなった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY