大谷翔平、日本人最多32号に「光栄」 松井秀喜からの祝福に「まだまだ打てるように」

会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)

本塁打王争いで2位・ゲレーロJr.に4本差を付けた

■エンゼルス 5ー4 Rソックス(日本時間8日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地のレッドソックス戦で日本人シーズン最多32号本塁打を放った。「2番・指名打者」で先発出場し、5回の第3打席で勝ち越し32号ソロ。3試合ぶりの一発で松井秀喜(ヤンキース)が2004年に記録した日本人シーズン最多本塁打記録を更新した。4打数2安打1打点で打率.279。チームは5-4で競り勝って2連勝。貯金2とした。

 ゴジラを超える一発は、2-2で迎えた5回先頭だ。左腕ロドリゲスに対して左脚に自打球を2球当てながらも、内角チェンジアップを捉えた。右翼席へ飛び込む勝ち越し32号ソロ。打球速度114.5マイル(約184.3キロ)、飛距離433フィート(約132.0メートル)と完璧な一発。だった。5日(同6日)が誕生日で、27歳初アーチとなった。

 6月27日(同28日)の敵地・レイズ戦から10戦8発。リーグの本塁打王争いは両リーグ最多で、2位のブルージェイズ・ゲレーロJr.に4本差を付けた。球団によると、オールスター戦前の32本塁打&12盗塁以上は史上初の快挙。また、前半戦中の32本塁打は2013年に37本塁打を放ったクリス・デービス(オリオールズ)以来の量産ぶりだ。

 4打数2安打1打点で打率.279。チームは5-4で競り勝って2連勝。貯金2とした。憧れの松井秀喜の本塁打記録を超え、「前回言った通り、子どもの頃からすごい見ていたので、光栄だなと思います。素晴らしいチームなので僅差を取れたのはチームとしても自信になるかなと思います」とコメントした。松井秀喜から「真の長距離打者」と祝福のコメントを寄せられ、「素直に嬉しいですし、わざわざコメントしていただけるのも嬉しいです。まだまだ打てるように期待に応えられるように頑張りたい」と喜んだ。

(小谷真弥 / Masaya Kotani)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY