大谷翔平、自打球直後の32号弾 放送席は“珍”解説「ゆっくりベースを回れるよう…」

日本人シーズン最多となる32号を放ったエンゼルス・大谷翔平(右)【写真:Getty Images】
日本人シーズン最多となる32号を放ったエンゼルス・大谷翔平(右)【写真:Getty Images】

3球目、5球目に自打球で苦悶の表情を浮かべたが…

■エンゼルス 5ー4 Rソックス(日本時間8日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が7日(日本時間8日)、日本人最多本塁打記録を塗り替えた。本拠地でのレッドソックス戦に「2番・指名打者」で先発出場。5回先頭で迎えた第3打席で勝ち越しの32号ソロを放ち、松井秀喜氏の持つ日本人シーズン最多本塁打記録をオールスター前に更新した。

 同点で迎えた5回の第3打席だ。3球目に足首、5球目には膝に自打球を当て、顔を歪めた大谷だったが、痛みをモノともせず、豪快なアーチを放った。7球目のチェンジアップを捉えて右翼スタンド中段付近へ。勝ち越しの32号ソロで、2004年松井秀喜(ヤンキース)が記録した日本人最多本塁打を塗り替えた。

 自打球直後の豪快な32号弾に、現地の実況と解説も笑ってしまうほどに大興奮だった。試合を中継した「バリー・スポーツ・ウエスト」の実況を務めたマット・バスガージアン氏は「彼はゆっくりベースを回れるようにした! またやった! 彼はビーストだ! ハッハー!」と絶叫し、思わず大爆笑した。

 エンゼルスOBで解説のマーク・グビザ氏は「本当に彼のような人は存在しません。つま先と膝に打球を受け『さあどうする?』『じゃあ軽くジョギングしようかな』とロケット弾をスタンドへ! 今季32号ホームラン! そして、お忘れなく。彼は昨日投げて打っています」と、登板翌日のアーチに驚きを隠せなかった。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY