菊池雄星、自己最多7勝目ならず 序盤が乱調、5回8安打5失点で降板

ヤンキース戦に先発した菊池雄星【写真:Getty Images】
ヤンキース戦に先発した菊池雄星【写真:Getty Images】

初回にいきなり3失点すると、2回にも2失点

■マリナーズ ー ヤンキース(日本時間8日・シアトル)

 マリナーズの菊池雄星投手が7日(日本時間8日)、本拠地でのヤンキース戦に先発し、4回5失点で降板した。初回からヤンキース打線につかまって序盤で失点が重なり、自己最多の7勝目はお預けとなった。

 初回にいきなり乱れた。1死からジャッジ、サンチェスに連続四球を与えて一、二塁のピンチを招いた。スタントンを二飛に打ち取ったものの、ボイトに左前適時打、トーレスにも左前適時打を浴びて初回にいきなり3点を失った。

 2回は先頭のロカストロに二塁打を浴びると、1死三塁からジャッジに左翼スタンドへと消える20号2ランを浴びて2点を失った。さらにスタントン、ボイトに連打を浴びて、再びピンチに。この窮地はなんとか凌いだものの、2回までに5点を失った。

 3回以降は立ち直りを見せて、5回まで投げ切ったものの、マリナーズは4点のビハインド。菊池は5回8安打3四球5奪三振5失点で降板となり、白星は掴めず。オールスターに初めて選出された菊池だったが、悔しい結果となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY