大谷翔平、特大33号には敵もファンも味方も唖然… 頭抱えたアップトンは「完璧な反応」

33号本塁打を放ちベンチで祝福されるエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
33号本塁打を放ちベンチで祝福されるエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷の打球の行方を見届けると、アップトンは頭抱えて唖然…

■マリナーズ ー エンゼルス(日本時間10日・シアトル)

 エンゼルスの大谷翔平投手が9日(日本時間10日)、本塁打王争いを独走する33号本塁打を放った。敵地のマリナーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場すると、3回の第2打席で2試合連発の特大弾。味方選手まで愕然とする衝撃の一撃だった。

 左腕ゴンザレスから第2打席でアーチをかけた。内角へのシンカーを捕らえた打球は飛距離463フィート(約141.1メートル)、打球速度116.5マイル(約188キロ)の特大アーチ。敵地はしばらくどよめきに包まれた。記録専門会社「エリアス」によると、外国人選手によるオールスター戦前の33本塁打は通算609本塁打のサミー・ソーサに並んで歴代トップとなった。

 大谷自身が打った瞬間に本塁打を“確信”した一発。敵地も唖然茫然、しばらくどよめきが収まらず、さらには味方の選手さえも、頭を抱えてしまうほど。ベンチにいたジャスティン・アップトン外野手は打球の行方を見届けると、まさかの頭を抱えて愕然。このシーンをMLB公式ツイッターは「ショウヘイのホームランに対して、完璧なリアクションだ」と伝えていた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY